【レビュー】くもわくテラス 天空キャンプ 前編【宮城県蔵王町】

こんにちは、Tobikoです。

今回は、宮城県蔵王町のキャンプ場「くもわくテラス 天空キャンプ」に宿泊した際のレビュー報告です。

 

  • くもわくテラス 天空キャンプ」への宿泊を検討されている方
  • 宮城県の県南地域でキャンプの計画を検討されている方

 

におすすめしたい記事です。

 

結論から言いますと、

事前にチェックしておくべき点はあるものの、景観や開放感は最高なキャンプ場です。

 

本記事をお読みいただくことで、「くもわくテラス 天空キャンプ」で宿泊する際に

「こんなはずじゃなかった」ということがなくなり、

満足度が飛躍的に高くなります。

 

宿泊前に事前にお読みいただき、120%楽しんじゃってください。

なお、本記事は「前編」となります。

前編では、キャンプ場自体のレビュー記事となります。

周辺の観光資源や観光地については、「後編」をご確認ください。

 

tobikoblog.hatenablog.com

 

 

f:id:tobikoblog:20200624215922j:plain

 

くもわくテラス 天空キャンプについて

www.zao-sumikawa.jp

概要

住所:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字倉石岳国有林内ゲレンデハウス内
TEL:0224-87-2610
サイト数:フリーサイト約15サイト、デッキ付オートサイト4サイト
料金:夫婦2人、テント+タープで2,500円

※子供は無料!

※ペットOK!

 

ロケーションの特徴として

標高が1100mの高地に位置しています。

蔵王山の中腹ぐらいの場所です。

 

この天空キャンプは、すみかわスノーパークのゲレンデがサイトになっています。

したがって、運営期間は7月~10月までと限定です。

特に、蔵王のお釜は、紅葉の季節は観光スポット混み合う時期であるうえ、

サイト数が少ないことから、早めの予約を心がけましょう!!

 

くもわくテラスについて

蔵王から太平洋まで一望できる展望デッキがついた、食事もできる開放的な建物です。

f:id:tobikoblog:20190817094710j:plain

このサイトの一番にして、他のキャンプ場にないアピールポイントは、

この展望台から眺められる景色に他なりません。

景色が雲の上というのは、まさに何物にも代えがたい景色ではないしょうか?

特に、登山が好きな方には非常にオススメです!

景観はまさに山の頂上のようですよ。

テントからの眺めはこんな感じです!

f:id:tobikoblog:20200624220628j:plain

また、くもわくテラスでは、テイクアウトやランチができます。メニューはこんな感じ。

f:id:tobikoblog:20200624220811j:plain

 

ユニークな商品が多く、「お昼ここで食べればよかった!」と後悔。

ちなみに、ここで購入した食品は、建物内でも食べられますが、テイクアウトしたものを、

展望台で景色を見ながら持参した酒を飲むなんてことも可能です。

  

サイトについて

①オートデッキサイト

オートデッキサイトは全部で4サイトあります。

f:id:tobikoblog:20200624221139j:plain

うち手前の2サイトで、「手ぶらでキャンプ」(テントやらタープやらバーベキューの食材やらフル込みプラン)が可能。

奥の2サイトがオートデッキサイトとなります。

車は各サイトの前に停めることが可能です。

この4サイトのメリットは、

 

  • 景観を遮る他キャンパーのテントがない
  • 車横付け可能
  • デッキサイトなので傾斜がない←重要
  • AC電源がついている

難点は、少しお高く、4,000円から・・・

でも、傾斜がない点は非常にメリットだと感じます。

私は次回宿泊するなら絶対オートサイトにします。

 

②フリーサイト

f:id:tobikoblog:20200624221450j:plain

 

冬季はスキーゲレンデなので、しっかり傾斜がついています。

でも、私のサイト(後ろの方)は、若干ですが傾斜緩いです。

だからこんなに広いのに後ろにサイトが隣り合っているんです(多分)

で、テントは必ず雲海側を入り口に立ててください

まず、サイトからの景色が良いです。

 

f:id:tobikoblog:20200624221758j:plain

 

サイトからでも十分雲海を望めます。

ですがそれより大事なことは、

傾斜にテントをたてるときは、頭が傾斜の高い方に、足が傾斜の低い方になるように立てること。

これさえ守れれば、傾斜なんてこわくないです。

いずれにしてもこの傾斜さえ覚悟しておけば、フリーサイトの満足度は高いです。

事前にチェックすべき点

①景観は天気による!運!

f:id:tobikoblog:20200624221939j:plain

一番大切なポイントですが、私は非常に運がよく、

当日は雨(台風近づいている)の予報にも関わらずキャンプを決行したにも関わらず

山の上はメチャメチャ晴れてました。※雲の下は雨

なので、良い景色が見られるかどうかは結構運です!

次の日は雲の中でのキャンプでしたから(笑)

②真夏でも夜はめちゃ寒い!

標高1100mの場所にあるので、日中と夜の寒暖差がかなりあります。

これについては、時間によってどれだけ気温差が出るのかを別記事

【夏キャンプは暑い?】快適に過ごせるキャンプ場の選び方【熱帯夜対策】

でまとめています。

本当に気をつけてください!!

 

tobikoblog.hatenablog.com

 

 
②フリーサイトはサイトへの車の乗り入れNG

台車は借りられますが、この傾斜で重い荷物を運ぶのはマジでしんどいです。

運ぶだけで正直へとへとでした。

いらないものは車に置いておいたほうがいいですよ!

 

③お風呂・シャワー・スーパーなし

施設内にはお風呂・シャワーがありません。近隣に日帰り温泉もありません。

(厳密には蔵王山を宮城方面に下りきったところに、遠刈田温泉という温泉地がありますが、車で20分程度かかります)

また、当然ながらここは山なので、スーパー、コンビニありません。

売店は16時まで営業しています。

品揃えの良い売店ですので問題ないと思いますが、日中に必要なものは揃えておきましょう。

 
④炊事場は2か所のみ

炊事場は2か所(2口)のみとなるので、朝撤収前の時間は混雑する可能性が高いです。

満室で19サイト程度なので、そこまでができることはないと思いますが

洗い物はこまめにするのが◎です。

ちなみに、洗剤やスポンジは常備されているので使いやすいですよ。

⑤ゴミ捨て有料

1袋あたり150円程度必要です。分別した状態で出さなければならないので

燃えるゴミ用・ビン、缶、ペットボトル用と2つ購入する必要がありますので

実際は倍くらいかかると思います。

可能であれば燃えるゴミだけ袋を購入し、キャンプ場で廃棄をお願いし、

ビンや缶は持ち帰って、家で処理することをおすすめします。

※炭は捨てる場所あります。

まとめ

くもわくテラス 天空キャンプについてご紹介致しました。

事前にチェックというか、理解していくのと、何も知らないで行くのとでは

結構このキャンプ場に対する印象が変わると思います。

宮城で有数の観光地である蔵王にもすぐ行ける距離ですので、

贅沢なキャンプ場だと私は思いました。

夜は涼しいので、避暑地としても過ごしやすいと感じました。

また行きたいキャンプ場です。オススメです。