Tobikoblog

宮城在住・アラサー女子のキャンプあれこれを綴ったブログ

夏油キャンプフィールドを徹底レビュー!【岩手県北上市】

 

f:id:tobikoblog:20210327111411p:plain

この記事では、私が東北在住キャンパーとして、実際にキャンプ場に数日宿泊した体験談をもとに各キャンプ場をレビューします。

今回レビューするキャンプ場は、岩手県北上市にあるキャンプ場「夏油キャンプフィールド」です。

この記事を通し、下記の情報が得られます。

 

  • 夏油キャンプフィールドの基本情報
  • 実際の体験談に基づく夏油キャンプフィールドの総合評価
  • 夏油キャンプフィールドの良いところ、事前に知るべきところ

 

ぜひ最後までご一読ください。

 

 

休暇村気仙沼大島キャンプ場の総合評価

総合評価:4.08点/5

項目名 点数 一言説明
立地 2 ICからやや遠い、スーパーはかなり離れたところにある。
売店 4 一通りそろっている。
景観 3 スキー場の急斜面が見える。サイトによっては景観◎
清潔さ 4 サニタリールームもセンターハウスも綺麗、お湯が出るところも。
サイト数 5 敷地が広大
サイトの種類 3

メインはフリーオートサイト。場所の違いのみ。地面×

サイト指定オートサイトは砂地や砂利地もあり〇

お風呂 5 温泉が最高、景色も最高
静けさ 4 サイトによってはパーソナルスペース確保できる
料金 4 温泉の割引もついてこの値段は◎
周辺環境 3 北上市内には主だった観光施設はないが、近隣自治体は◎
通信環境 3 一部電波が入りにくい
スタッフの対応 4

朝食サービスなど独自イベント多く飽きない

受付時は密を避けられるように工夫されており安心

独自性 5 コロナ禍の中で安全対策に配慮している

 

夏油キャンプフィールドの基本情報

f:id:tobikoblog:20210325110416j:plain

公式ホームページ↓

getocampfield.com

項目名 項目説明
住所 岩手県北上市和賀町岩崎新田国有林内
電話番号 0197-65-9005
気温

8月:最高気温25℃、最低気温19℃。

営業シーズン 4月~10月 
冬キャンプ可否 雪上キャンプ可(4月~5月?)
サイトの種類 フリーオートサイト、サイト指定オートサイト
サイトの数

草原フリーサイトは数百張は収容可能なくらい広大!

他、コテージからの距離や展望の良し悪しでオートサイトの種類が豊富

 

料金

繁忙期・閑散期、サイトの種類により細かい料金設定あり

詳細:https://getocampfield.com/campingsite/

チェックイン 13:00~
チェックアウト 11:00
シャワー/お風呂

げとう高原温泉(天然温泉)付き!!

キャンプ利用者は¥500/日

アクセス

【盛岡方面から】東北自動車道「北上江釣子IC」から車で35分程度

【仙台方面から】東北自動車道「北上金ヶ崎IC」から車で30分程度

キャンピングカー宿泊可否 
ネット予約可否 可(公式HPから)
コテージ有無/料金 コテージあり
手ぶらキャンプ可否/料金

◎ レンタルが豊富、食べ物だけ持っていくだけでOKなプランあり。

金額感としては家族4人で~20,000円/泊 ※宿泊費別途

備考  呪術廻戦の登場キャラクター「夏油」はこの地名が由来らしい

 

 

夏油キャンプフィールド評価の理由

立地:2

夏油キャンプフィールドの場所はこちらになります。

東北自動車道、「北上金ヶ崎IC」降りたあたりは幹線道路沿いなのでお店が多いです。

IC降りたあたりで必要なものを購入したほうが良いでしょう。

その後は山道が続き、立ち寄れるような場所はコンビニすらなくなります。

最寄りのスーパーまでは片道で車で25分程度ありました。

 

売店:4

 

売店は品数豊富です。

 

氷やビールを購入しました。レトルトの食品なども購入できます。

キャンプ用品であればある程度の忘れ物であればリカバリーがきくレパートリーの豊富さです。 

 

景観:4

f:id:tobikoblog:20210325114333j:plain

草原フリーサイトはスキー場の斜面が目の前に立ちふさがっております。

f:id:tobikoblog:20210325114500j:plain

 

 反対側はこんな感じ。

f:id:tobikoblog:20210325114529j:plain

冬はスキー場なのでリフトがあります。

 

サイトによって見晴らしは結構かわります。

一番収容数の多い「草原フリーサイト」は「3」の評価です。

 

 

清潔さ:4

サニタリー棟、管理棟、ともに綺麗です。トイレは洋式ですし、個数も多いです。

 

ストレスなく使用することができるので、「4」の評価です。

 

サイト数:5、サイトの種類:3

f:id:tobikoblog:20210327095635j:plain

出典:https://getocampfield.com/campingsite/



スキー場ということもあり、草原フリーサイトは非常に広大です。

それ以外のサイトは、サイト指定になります。

草原フリーサイト以外はサイト数が少なくすぐに埋まってしまいます。

 

要注意ポイントとしては、草原サイトの地面が常にぐちょぐちょでした。

f:id:tobikoblog:20210327100251j:plain

スタック(ぬかるみにタイヤをとられて身動きが出来なくなってしまうこと)している車が何台もいて、近隣のキャンパーやサイトの人に助けられているのを何度か目撃しました。

キャンプ場の方が手伝ってくれるのでなんとかなるとは思いますが

 

  • 悪路の運転に自信がない
  • 天気が悪い、雨が降っている(昨晩雨だった)
  • FR車(後輪駆動)

といった方は、慎重にサイトを選んだ方がいいでしょう。

そして、靴もドロドロになるので、長靴(少なくとも防水タイプ)を履いていくことがベストです。

※私はスニーカーを履いていったのですが、秒でびちょびちょになってしまいました。。。涙

 

 

 

お風呂:5

f:id:tobikoblog:20210327101442j:plain

 

夏油キャンプフィールドの温泉は最高です!!

  • 旅館ばりの広さの温泉
  • 景色が一望できる(標高1,000mから望む景色は最高)
  • サウナもついている
  • パウダールームのアメニティも充実
  • 朝から夜まで入浴可能!10時~20時まで。

入浴料金が1泊500円と安いのもポイント!

 

静けさ:4

草原フリーサイトであれば、敷地が広いので「5」です。

ですが、それ以外のサイトで特に「青空サイト」は炊事場から近いのもあり、かなり多くの人がサイトの近くを横切ります。

個人的にはちょっと一目が気になって自分たちだけの世界に入りにくいと思いましたので総合評価的には「4」です。

 

周辺環境:3

夏油キャンプフィールドは北上市にありますが、北上市内には正直目を張るような観光スポットや、有名な名産がありません。

ですが、近隣の奥州市、花巻市へ行けば家族でもいける場所がありますし、

車で1時間程度で、平泉の国宝・中尊寺金色堂まで観光に行くこともできます。

北上市内にはないので点数を低くしましたが、

少し移動すればワイン、温泉、景勝地、国宝など様々計画を立てることはできそうなので、「3」としました。

 

ちなみに私は、奥州市へ足をのばし、大河ドラマの撮影によく使われる

「えさし藤原の里」へ行ってきました!

f:id:tobikoblog:20210327104106j:plain

ちょうど「麒麟がくる」がやっていた時期だったので、ロケ地を楽しくまわることができました。

半日くらい遊べるほど充実していましたので、歴史好きにはオススメです。

www.fujiwaranosato.com


 

通信環境:3、スタッフさんの対応:4

ネットの通信環境は,キャンプ場自体は良好です。道中電波がところどころ入りません。

スタッフさんの対応は非常に良いと思います。

定期的にキャンプ場を軽トラックで見回りされており、指定の時間にゴミを回収してくれるので、ゴミ捨ても楽です。

そして、定期的にイベントというか、朝食サービスを行っているようです。

私が訪問した日は、フレンチトーストのサービスでした。

f:id:tobikoblog:20210327104544j:plain

 

f:id:tobikoblog:20210327104645j:plain

 こういったサービスはすごくうれしいですよね!

これ以外にもサービスやイベントがあるようで、また行きたいなと思える要素が多いです。

もちろんスタッフさんの対応も良く気持ち良くすごすことができましたので、「4」としました。

 

独自性(ほかのキャンプ場にはないような特徴):5

夏油キャンプフィールドのチェックインは、感染症対策の一環として三密にならないよう、「セルフ受付」を導入しています。

 

来場すると車にのったままスタッフさんにQRコードが書いてある紙を渡されます。

それを読み込み、注意事項やキャンプ場のルールを事前に確認することができます。

 

内容に同意したあとに代表者のみで受付をする、という内容です。

1人1人の接客時間が少なくて済むので、受付近辺に人が滞留しない工夫がされています。

さすが、2020年に新しくできたキャンプ場ということもあり、ここまでしっかり感染症対策をルール化しているキャンプ場は知りません。

 

キャンプ場としても広くパーソナルスペースを確保しやすいので、安心感があります!

 

 

 

 

まとめ

今回は岩手県北上市に新しくできたキャンプ場「夏油キャンプフィールド」についてご紹介致しました。

ぜひ東北で極上のキャンプ体験を、一人でも多くのキャンパーに体験してもらいたいです。よろしくお願いします!