【レビュー】るぽぽの森に行ってきた!【お風呂が最高】

こんにちは、Tobikoです。

今回は宮城県柴田郡川崎町にある、

宿泊施設付オートキャンプ場 るぽぽの森」についてのレビューブログ記事です。

 

 

るぽぽの森には複数回お世話になっております。

事前にチェックすべき点もありますが、私のお気に入りのキャンプ場の1つです。

 

  • るぽぽの森(るぽぽかわさき、笹谷オートキャンプ場)への宿泊を検討している方
  • 山形県内からアクセスのよい宮城県のキャンプ場を探している方
  • お風呂に入浴してゆっくりしたいとお考えのキャンパー
  • ファミリーで安心・かつリラックスして過ごしたいキャンパー

 

に見ていただきたい記事となっています。

おすすめポイントをまとめながら、るぽぽの森のご紹介をさせていただきます!

 

 

 

るぽぽの森の基本情報

基本情報

住所:宮城県柴田郡川崎町今宿字小屋沢山39

TEL:0224-84-6611

営業期間:4月下旬~11月上旬

とのことですが、ウィンターキャンプも可能ですので、オールシーズン楽しめます。

公式HP↓

www.rupopo.org

 

利用方法

①宿泊の場合で、繁忙期(3連休、GWなど大型連休)の場合:チェックイン13:00、チェックアウト12:00

※アーリーチェックイン可能

②宿泊の場合で、繁忙期ではない(通常の週末、平日など)場合:チェックイン9:00、チェックアウト17:00

③デイキャンプ(日帰り)の場合:チェックイン9:00、チェックアウト17:00

※1,000円追加で20:00まで延長可能。

 

サイトの種類と費用

電源付きオートサイト、電源無しオートサイト、フリーサイトの3種類です。

サイト使用料と施設使用料の合算で利用料金が算出されます。

参考までに、私は「夫婦2名、テント+タープ、電源無しサイト、サイト指定なし」

で利用していますが、その際の料金は3,800円(税込)でした。

 

アクセス

山形自動車道の笹谷ICを下車し、川崎町方面約2kmのところにあります。山形市内からだと30分程度でたどり着くことができます。

国道286号線を経由して行くこともできますが、秋~春先まで通行止めとなるので、

山形自動車道を利用して行くべきでしょう。

仙台市中心部からだと有料道路であれば1時間かからない場所にあります。

目の前がセントメリースキー場です。

stmary-338.com

 

 

るぽぽ川崎のオススメポイント

①管理人さん一家がメチャメチャいい人たち。イベント多彩。

るぽぽ川崎は、ご家族で管理をされています。

その管理人さんがとにかく優しいし、また来たくなるようなサービスやおもてなしがたくさん溢れています。

家族連れで参加できるワークショップをやったり、管理人さん手作りの料理を食べられたり、

とにかく管理人さんとの距離が近いと感じます。

かゆいところに手が届く、というような感じで、レンタル品も万全ですし、売店も多少忘れ物をしてもリカバリーできるようなラインアップで、

初心者キャンパーの私としては安心して宿泊できるキャンプ場だと思っています。

また、ネット予約が可能なうえ、返信も24時間以内にいただけますし、メールや電話で質問をしても丁寧にご対応いただけます。

接客は星5つです!!

 

 

②お風呂併設

大浴場完備!

 

ドライヤーもありますし、万が一タオルやメイク落としなどを忘れてしまっても、売店で購入できます。

 

大浴場は平日(休前日以外)は入れませんが、土日は入浴可能です。

入浴可能時間は、土曜日や休前日は13時~22時、休日や日曜日は13時~18時となります。

※時期により変わることが多いので事前チェック欠かさないことをお勧めします。

しかも、非常にうれしい特典なのですが、宿泊者は無料で入浴可能です。

私は、このように入浴しています。

 

  1. 宿泊日の夜、ご飯を食べ終わったあと。
  2. 翌日チェックアウトして、帰路につく直前。

 

贅沢ですよね~!!

デイキャンプの方でも1回まで入浴無料のようなので、おすすめです。

 

 

③ロングステイ可能、なが~く楽しめる!

上記のとおり、大型連休中とかではない限り、

チェックイン9:00~、チェックアウト17:00まで滞在可能なので、

ゆっくり滞在することができます!

お風呂にも何回も入れます。さくっとお昼を食べにいって、また戻ってくることだって可能です。

センターハウス内でゆっくりすることも可能です。

様々な楽しみかたを提供してくれるキャンプ場です。

 

 

③スノーキャンプ可能!

 宮城県内ではウィンターキャンプでさえできるところが少ないのですが、

るぽぽの森ではスノーキャンプも可能です。

るぽぽの森は中心地と比較し標高が高く(目の前にスキー場があるくらいなので・・・)冬は雪深い地域です。

一部洗い場・トイレに制限はあるものの、冬でも宿泊できるのは本当にありがたいです。

ちなみに、このるぽぽの森でウィンターキャンプを開催したときの記事もありますので

ウィンターキャンプに興味のある方はこちらもご一読ください。

 

tobikoblog.hatenablog.com

 

 

④夏は川遊びが可能!

るぽぽの森のすぐ南側に川が流れています。

川のせせらぎが心地よいです。

すこし流れが急だし、深い場所もあるようなので、お子さんから目を離すことは厳禁ですが

水遊びもできるキャンプ場です。なにより気持ち良いです。

 

 

⑤セントメリースキー場が目の前

f:id:tobikoblog:20200322173922j:plain

キャンプ場の目の前なので、スキーをされる方であれば、スキーやスノボをしてそのままセンターハウスに宿泊したり、日帰りで入浴だけして帰ることも可能です。

入浴は宿泊者でなくても可能(¥500/回)です。

早朝るぽぽの森にチェックインしてテント立てて、セントメリーでスキーを楽しんで、夜るぽぽの森まで戻ってお風呂入って宿泊・・・なんてこともできるかも?

 

⑥センターハウスの居心地が良い

センターハウスには、お子さんが本を読んだりビデオを見たりできるスペースや、暖をとりつつ、カウチにもたれかかってウトウトすることがきるスペースがあります。

時間泥棒かってくらい居心地が良いです。センターハウスにはフリーWi-Fiもあります。

有料ですがコーヒーやアイスの購入も可能です。

 

 

るぽぽの森の事前にチェックすべきところ

f:id:tobikoblog:20200322173809j:plain

①車の走行音が気になる

これが唯一にして最大の気になるポイントです。立地的に仕方がないのですが、

国道や有料道路がすぐ目の前を通るため、日夜騒音が聞こえます。

特に有料道路だとトラックの走行数が多くなるので、余計気になります。

冬は除雪車なのかわかりませんが、夜に何か機械の作動している音がしましたし、セントメリースキー場のゲレンデで流れているであろうBGMが聞こえてきます。

※余談ですがセントメリースキー場のゲレンデBGMは選曲が今の30代~40代を狙っていて懐かしい曲ばかり。笑

予め音に関しては心の準備をしておくと良いと思います。

 

②カメムシ大量発生

山間のキャンプ場なのでこれも仕方ありませんが、センターハウスにカメムシが大量にいます。。。

冬、越冬のために室内に集まるようですね。。。

お風呂場や脱衣所、廊下、結構、カメムシがそのへんにいます。むしろ、共存しているかのような錯覚に陥ります。

キャンパーは虫ごときでギャーギャー言わないとは思いますが、カメムシがいても驚かないように!!

 

まとめ

いくつか事前にチェックすべきポイントもまとめましたが、それを差し引いても本当に良いキャンプ場だと思います。

ガチキャンパーよりも、私のようなキャンプ初心者や、ファミリーユースのキャンパーにおすすめのキャンプ場だと思います。

この記事をご覧いただき、少しでもるぽぽの森に興味を持っていただけたら幸いです。