宮城県丸森町 不動尊公園キャンプ場で宿泊してきた【台風19号被害の現状】

こんにちは、Tobikoです。

 

2020年2月に、宮城県丸森町にある「不動尊公園キャンプ場」で2度目のキャンプに行ってきました。

私のキャンプデビューを飾った思い出深いキャンプ場なのですが、2019年10月に発生した台風19号の直撃を受け、阿武隈川の支流上流で発生した土砂崩れや破堤甚大なダメージを与えてしまいました。

不動尊公園キャンプ場は台風発生から営業できない日々が続いていましたが、2019年12月末から一部サイトで宿泊ができるようになったとホームページに更新されていました!

嬉々として予約しましたが、実際訪問してみると、その変わりように最初は啞然としました。。不動尊公園キャンプ場を知らない方にも丸森町の現状とキャンプ場の復旧具合を知ってもらいたいので、ぜひご覧ください。

 

台風被害に遭う前に報告した際の不動尊公園キャンプ場についての記事はこちらをご覧ください。

 ※2020年2月時点での状況ですので、最新の情報は公式サイトをご確認ください。

 

 

tobikoblog.hatenablog.com

 

 

 

不動尊公園キャンプ場周辺

周辺はまだ手つかずのエリアも

 丸森町中心部から不動尊公園キャンプ場までの山道に入ったあたりの状況です。中心部も泥や稲わらが道路の脇に堆積していて、水害の爪痕が残ったままです。ガードレールがひしゃげたままで、土のうがのり面に積んである場所が多いです。

 

不動尊公園キャンプ場から奥へ進むと、丸森町筆甫(ひっぽ)地区へ抜けることができるのですが、この地区が台風19号による土砂崩れや道路の崩落により、寸断された状況でした。

道路は辛うじて不動尊公園キャンプ場まで進めるようになっていましたが、それより奥へは関係者以外立ち入り禁止となっていました。

変わり果てた景色

不動尊公園キャンプ場には阿武隈川の支流が南北に流れており、夏は川遊びができたり、散歩できるような遊歩道があったり、自然豊かなキャンプ場で大好きなのですが、川の様子が激変していました。。

 

遊歩道は途中で寸断され進入することはできませんし、道路ののり面が大きく崩落してしまっています。あまりの変わりように私も言葉を失いました。

 

 

不動尊公園キャンプ場敷地内

f:id:tobikoblog:20190815153113j:plain

 サイトの基本的な紹介は過去の記事で紹介しておりますのでご覧ください。

tobikoblog.hatenablog.com

 

 

第一キャンプ場

管理棟脇ですがこちらは一部サイトが崩落してしまっており、重機で堆積物など処理している箇所があります。なのでサイト数が少し減っていますが、炊事場もトイレも問題なく使用できるので、不便なく宿泊できると思います。

私が宿泊した日は第一キャンプ場は満室でした。第一キャンプ場は感覚値ですが10サイトも無いので早めの予約が吉です。

 

3月30日現在で、第一キャンプ場は平日のみの宿泊となっているようです。土日は第二キャンプ場のみのようです。

 

 

第二キャンプ場

第二キャンプ場の被害が大きいようです。台風前は40サイト以上あったのですが、現在は18サイトのみとなっており、それ以上は規制線が張られており進入できません。

第二キャンプ場にも炊事場やトイレがあるのですが、こちらはまだ復旧しておらず、第一キャンプ場まで移動して利用する必要があります。

迂回する必要があるので、歩いて2分くらいの距離感です。

 

※3月30日時点で、第二キャンプ場の宿泊可能なサイト数が増えたようです。

 

周辺の遊歩道

f:id:tobikoblog:20200330214936j:plain

不動尊公園キャンプ場は周辺が遊歩道になっていて、川まで下りて行って川遊びができたり、周辺を散策することができるのが魅力的なポイントの1つでした。

しかしながら、川にかかる橋は大きく崩れ、台風の威力を思い知らされるとともに

まだ復興の進んでいない丸森町の一部を垣間見ることができます。

 

f:id:tobikoblog:20200330215706j:plain

川の周辺を囲むようにあった遊歩道ですが、安全に歩けるようになるには時間がかかりそうです。

私が訪問した際は、進入禁止になっておりました。規制線が張られていました。

 

まとめ

最近、本当に色々なことがありすぎて、台風19号のことが昔のことのように感じられますが、これはたった半年ほど前の出来事なのです。

この台風は、福島県・そして私の住む宮城県に、甚大な被害をもたらしました。

災害があったことを忘れてはいけないし、今もまだ完全に復興していない地域があることを忘れてはならないと思っています。

不動尊公園キャンプ場のために私ができることは、たくさんキャンプ場を訪れて、今の状況を知り、発信することだと思います。

近日中にまた宿泊しますので、ぜひ続きもお楽しみに!